EDでも自分ですることは可能?

EDとはセックス時に十分勃起をすることが出来ず、性交に問題がある状態ですが、実際に異性と向き合った時は無理でも自慰は出来る、そういった場合もあります。

自慰自体勃起しないとすることは出来ませんが、勃起が不十分な状態でもすることは出来ます。

また心因性のEDでは異性との関わり自体に問題がある場合もあります。

その為、自慰行為が出来るということでEDではないとはいえないのです。

逆に自慰行為は可能だけれど、実際のセックス時に勃起しなかったり、性交に問題がある場合は自慰行為自体に問題がある場合もあります。

これは自慰行為のやり方にもよるものなのですが、挿入してのセックスの場合上下の運動により性的刺激となります。

固いものなどを使用、床や布団と密着しての自慰に慣れてしまうと、通常のセックスで射精出来なくなる場合もあります。

これを膣内射精障害と言い、バイアグラなどのED薬での治療が必要になります。

セックスは相手がいてこその行為です。

自慰行為の際は自分のみですので逆にリラックス出来ているということも自慰では射精しやすい要因でしょう。

EDである場合、何か原因となる要素はあるものです。

精力増強などのアイテムも販売されていますが、EDである場合効果がないケースも多いです。

現在EDには効果の高い薬も多く販売されていますので、まずは専門医に相談してみましょう。

心因性の場合の対策など考えてくれますし、有効薬も処方してもらえます。

EDの状態が継続するとパートナー間の問題になるケースもありますので、改善に向けまずは行動しましょう。

EDサポーター