EDのタイプ

EDは症状は全て同じなのですが、四つのタイプがあります。

①機能性(心因性)ED機能性(心因性)EDというのは、心理的な影響によって引き起こされるもので、ストレスや極度な緊張、不安、夫婦間の問題、過去の性行為の失敗などが原因である場合です。

こういった心因性のものは精神的なダメージがあるために交感神経が大きく影響し、さらに副交感神経に影響を与えることで、性的興奮がうまく性器に伝わらなくなってしまいます。

原因は人それぞれことなりますが、働き盛りの30代から40代に多いと言われています。

②器質性ED器質性EDというのは、加齢や男性ホルモン低下、生活習慣病、神経の病気、うつ病などが原因で血管や神経の障害が起きて引き起こされます。

どの原因であっても、体内の一酸化窒素が減少して、動脈硬化が起きることが共通点です。

喫煙などによる酸化ストレスも一酸化窒素を減少させる原因にもなります。

脳出血や脳腫瘍などであった場合、陰茎海面体の手術や外傷でもEDになる場合があります。

③混合型ED混合型EDは、ストレスなどの心理的な原因と、動脈硬化などによる障害が原因の両方が混ざったものです。

④器質性ED(薬剤によるもの)器質性ED(薬剤によるもの)というのは、一部の種類の薬剤が原因でEDが引き起こされるものです。

主に中枢神経、末梢神経、循環器系、消化管に作用する薬剤で、中枢神経では解熱剤、消炎鎮痛剤、抗けいれん薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。

末梢神経では筋弛緩薬、麻酔薬、鎮けい薬などがあります。

循環器系では利尿剤、不整脈治療薬、降圧剤、血管拡張剤などがあります。

消化管では消化性潰瘍治療薬、麻酔薬などがあります。

あなたのだんな様をEDから守る方法 [夫婦関係]

Comments are closed.